電源の確保|トレンドのある家づくりならKOHLERにお任せ|安心の部屋づくり

トレンドのある家づくりならKOHLERにお任せ|安心の部屋づくり

電源の確保

コンセント

コンセント増設するときには利用方法に注意

コンセントは電気をつなぐときに必ず必要になります。このコンセントは電気器具が増えれば増えるほど必要になってくるので増設する必要があります。しかし、このコンセントの増設を行うときには知っておくとよいことがあります。それが電気の容量です。コンセントには、それぞれ対応することができる電気の容量に限界があります。この限界を超えて利用してしまうと、発熱をして最悪の場合火事などの事態に繋がってしまうケースがあります。そこで増設をする前に、そのコンセントをどのような目的で利用するのかを確認することが大切です。電気の容量の大きいものを使うのであれば配線や配電盤の容量を工夫して、変更してもらうことが大切になります。

専門業者による診断を

コンセントを増設するときには、個人的に行うこともできますが、できれば専門業者による診断を受けて実施するのがよいです。しかも、できるだけお得に済ませるのであれば自宅を建設した業者または、その住宅の電気工事会社に依頼をするとよいです。このようにするメリットとして、配線工事の詳細を知っていることがあげられます。自宅の配線工事は、できるだけ電気容量が偏らないように工夫されています。また、ブレーカーもその容量にあわせて設定されています。コンセントを増設すると利用方法によっては電気容量のアンバランスが起こります。アンバランスのままにしておくと頻繁にブレーカーが落ちることになるので、そうならないように専門家による診断と対策をしてもらうとよいです。