静かにする効果|トレンドのある家づくりならKOHLERにお任せ|安心の部屋づくり

トレンドのある家づくりならKOHLERにお任せ|安心の部屋づくり

静かにする効果

防音室

効果的に防音するためには

楽器の演奏や音楽鑑賞、ホームシアターでの映画鑑賞などが趣味の方にとって、防音室は周囲に気を遣うことなくおもいっきり音を楽しむことができる空間です。音の伝わり方には、床や壁を振動させて伝わる音と、空気を振動させて伝わる音の2種類があります。これらの音を防ぐためには、床や壁、天井に音の振動を防ぐ素材を用いたり、空気の通り道になるドアや窓の隙間をふさぐことが効果的です。また、防音したい部屋の中にすっぽりと収まる箱を設置した魔法瓶のような構造にすることで、2枚の壁の間の空気層が防音の役割をします。また、防音室は外から聞こえる音も低減してくれるので、書斎や寝室など静かに過ごす空間としても活用することができます。

低予算で出来る防音室とは

防音室といえば、四方を壁に囲まれた暗くて狭い部屋というイメージが一般的ですが、防音性能に優れた素材の開発や技術の向上により、普通の部屋のように窓があり、明るく快適な空間が可能となりました。しかし、高性能の防音室をつくるとなると高額なコストがかかってしまうことが多いようです。そこで用途や目的によっては部屋の位置を工夫することで、普通の部屋を防音室として利用することができます。例えば、土には吸音性があるので、地下室は音が外に漏れにくく防音効果が期待できます。また、ギターの練習などそれほど広さが必要なければ、DIYによる簡易防音室でも対応することが可能です。費用も安く済み、組み立て式であれば賃貸物件でも使うことができます。